ADA 60㎝水槽を買った。

ADA

今日、誕生日なので妻と熱帯魚屋へ行きました。
そしてADAの60㎝水槽と30cm用のマットを買った。

60cm水槽は引っ越してから新品に入れ換えているんだけど、もう5年は経つ。

最近はシリコンの劣化や汚れが目立ってきていた。

それで水槽台を自作したこの機会に新品にしようと思って今回買った。

30cm水槽用マットを買ったのは、今後30cm水槽を買う予定だからだ。

ADA水槽
ADAの60㎝水槽 キューブガーデン

ADA30cm水槽の思い出

実はADAの30cm水槽を過去に所持していた。
今の新築を建てて引っ越しするときに売ったのですが、売ったことを後悔。

以前持っていたものは、北海道に住んでいた時に札幌のウィズという熱帯魚屋で初めて買ったADA水槽。
あの時は地元にADA特約店がなく、2時間掛けて札幌まで行きました。
そこからADAの水槽は60㎝x2、45㎝x1と揃えた。
他はプレコ.co.ltdの30㎝やアクアシステムのグラディ30cm,45cmと他にも色々数本持っていた。

まあ、色んな水槽を見てきたけれど、ADAの水槽は別格で綺麗。

私は生体飼育目的でも、シリコン耐久性とガラスの透明度で水槽はADAが一番だと思っている。
今後は45㎝も1本欲しい。というか買い戻す予定。

取り敢えずは、30㎝キューブ水槽は1つ持っていたら便利。
通販で購入した魚のトリートメントや、急いで水槽が必要な時など色々使えるしね。
常備1個はストックしておきたい。

ADAの30cmキューブ水槽は、来週入荷するとのことなので買いに行く予定。

この店にはGEX aquarista(アクアリスタ)水槽も展示してあった。
シリコン加工された密封性の高いフタは素晴らしいアイデアだとは思う。
だが、ADAと並べるとガラスの透明度は大分黒緑掛かっていた。
まあ、上からライトなどを照らせば透明に見えなくもないが、クリアガラスとは言い難い。
実に惜しいと思いながら店を後にしました。

晩御飯
誕生日当時の晩御飯
ブラジル国旗はアマゾン河=プレコということなのか

ADA水槽を買うわけ

後日、ADA 30㎝水槽を買う理由は、オレンジとトリムちゃんを分けるためだ。
どうもあの2匹は電気を消すとたまに喧嘩しているらしい。
当初はトリムちゃんが被害者だと思っていたが、実はオレンジも若干ヒレが傷付いていたことが判明した。
やられっぱなしのトリムちゃんと思いきや、実は秘かにやっていたのである。
まあ、オレンジが土管か砂利かに自爆して傷付いた可能性もあるけれど。

まだ深い傷までいかないけれど、綺麗に育てたいので今のうちに単独飼育に切り替えようと思う。
取り敢えず魚のサイズが小さい数年は30㎝で、大きくなったら水槽のサイズも魚に合わせて大きくしたい。

トリムちゃんを60㎝水槽に、オレンジを30㎝水槽にする予定だ。
流石にトリムちゃん1匹だと60㎝は大きいので、ネオンテトラ/モーリー/グラミーとか買ってこようとは思う。
最近、水槽の上層を泳ぐ魚も欲しくなったきたのだ。

因みに妻は45㎝3本体制にすれば良いのではないかと云っていた。
45㎝3本も考えたが、30㎝で数年いけるなら60cm/45cm/30cmとコンパクトにしたいところ。
水槽サイズを分けることで、プレコレポートもどのプレコの事なのか把握しやすいのではないだろうか。

オレンジフィンレオパードトリムプレコ
素晴らしい柄と目を守らねばならない

次回の記事はオレンジが引っ越す30㎝プレコ水槽の立ち上げレポートになると思う。
この30cmプレコ水槽は、水槽台の上段か中段かは今のところ未定だが、ミズタマンの45㎝水槽と並べて設置する可能性が高い。

皮肉なことに、これで30cm/45cm/60cmのプレコ水槽3レポートが完成したのだ。

取り敢えず、暫くは新水槽台を設置して運用する事で頭が一杯になりそう。