福岡のネオウェーブに行ってきた

今日は福岡の熱帯魚ショップネオウェーブへ行ってきました。
最初、店長さんが不在で魚販売の対応ができなく、2時間くらい待ちました。
その間、福岡のひごペットとか行って時間を潰しました。
ちなみに、ひごペットは生体がぎゅうぎゅう詰めで詰められており、かわいそうだった。

ネオウェーブ
神社のような作りのお店

西日本屈指のプレコの有名店。

ネオウェーブは九州には貴重なプレコ専門店と云ってもいい。

素晴らしい設備環境にハイレベルな生体管理がなされている。
この店の魚は状態が非常に良く、衛生的で信頼できる環境だった。
設備や飼育環境を色々みて勉強になりました。

プレコに関する話も聞けて、どれも非常に参考になる内容。
店主のコミュニケーション能力は高いと思った。
過去に火事があって店は復旧発展途上だったけれど、オーナーも店員も気さくで魚に愛情が感じられる。
こういう店は支援したいものだ。

プレコの在庫はインペリアルゼブラやキンペコ、スカーレットまであった。
中でも入荷したばかりのスカーレットトリムが2匹がどちらも素晴らしい個体で、15cmオーバーのスーパーレッドっぽい美しい方は3万円だったので多分即売するだろう。

ネオウェーブ
pH6.0に調整されたブリード水槽
キンペコ
状態の良いブリードしたキンペコが多数在庫あった
スカーレットトリム
小さい方のスカーレットトリム
created by Rinker
¥1,019 (2021/12/03 23:28:44時点 Amazon調べ-詳細)

買ったプレコは3匹

生体は殆ど衝動買い。
やってはいけないことだが、やってしまったものは致し方ない。
というか縁が遭ったと考えよう。
引き寄せの法則でプラス思考で考えると人生が豊かになる。

まあ、ぶっちゃけプレコマニアとしては遠方のショップに行くとどうしても買わずにはいられない。
戦果のような感覚か。
無論、これは一生世話をする覚悟を持つ者だけが許される。

・キングロイヤルペコルティア
L-333 キングロイヤル・ペコルティア

店のキンペコ水槽の中で一番手前に出ていてよく餌を食べていた。
オーナーブリードの個体らしい。
2,000円と安かったこともあり購入した。
60㎝プレコ水槽行きで、うちの環境でも一番小さいながら堂々としている。
輸送と環境変化のストレスで多少色が抜けたが、白化した水槽と落ち着いたら色が濃くなるだろう。
名前はチビ

・クイーンアラベスク
L-260 クィーンアラベスク・ペコルティア

アラベスク
アラベスク

ピンボケとエアレーションで鮮明ではないが、綺麗な個体でよく隠れる。
隠れるのが上手くてどこにいるのか判らない。
落ち着いたら鰭を広げた姿を撮影するので期待してほしい。
2,500円

これも店のブリード個体らしい。
名前はアラベスク。
ネーミングセンスがないのは、ご愛嬌と云うことで。

・ロイヤルプレコ

10cmオーバーの大型個体で、店頭ストック半年の保証個体。
状態と柄が非常に良く綺麗。
尻尾の白模様のアクセントが点止まりで惜しいが、それがチャームポイント。
というか、海外の動画で全く同じ柄のを見かけるので、こういう品種なのだろう。
値段忘れたが、多分7,000円だったと思う。

妻と目が合ったため気に入られた。
確かにロイヤルプレコは女子ウケしそうなプレコである。
プラチナロイヤルと迷ったが、こちらの方が状態が良く保証があり、かなり大きい個体と云うことで私が購入を決断した。

取り敢えず60㎝プレコ水槽へ放り込んだ。
大きい個体で迫力があり過ぎて、水合わせの時に素手で持って眺めたりした。
手が弾かれるほど力が凄く強かった。
こんな経験滅多にできないスイカマン。
そう、名前は相変わらずスイカマン。

過去の記憶がよみがえる。これで私のロイヤル系飼育は4匹目の経験になる。
もしかしたら後日、この魚の為だけに新しいロイヤル水槽を立ち上げるかもしれない。
過去のスイカは全て死なせてしまった苦い経験がある。
今度こそ末永く飼育したい。
お帰りなさい巨大化したスイカマン。

それと追加で妻がハニードワーフグラミーを買っていました。
それは30㎝プレコ水槽へぶち込んだ。
これで60㎝プレコ水槽が6匹体制に一気に増えて90㎝水槽へ変更したくなった。
自作水槽台も90ワイドを乗せる設計で作ったし、これはもうやるかも知れない。
まあ、暫くは60㎝水槽で色々やってみます。

次回は新60㎝プレコ水槽用に買った設備の記事とか書いてみたい。

created by Rinker
寿工芸
¥28,000 (2021/12/04 15:12:06時点 Amazon調べ-詳細)